「女性活躍」 ”Women Will”活動に取り組むGoogle。働くママを応援

「女性活躍」Googleで推し進める”Women Will”プロジェクトはアジア太平洋全域行われている女性進出を応援する活動です。

インドやタイで行われている活動例としては、ジェンダーギャップが激しく、インターネットに接続している人の7割が男性という現状を改善するために、一般の女性にインターネットの使い方を無償で教えています。

日本では、出産・育児期にあたる30代で女性の労働率が著しく減少するいわゆる「M字カーブ」の問題に焦点をあて、働く時間と場所に制約のあることが女性活躍における課題だと分析しています。テレビ会議機能など、テクノロジーの活用を推進し、会社にいなくても会議に参加できたり、資料を共有できたりすることで、女性が働き続けられる可能性が広がるとGoogleブランドマーケティングマネージャーの山本裕介さんは語ります。

(1)柔軟で効率のよい働き方を支援する「制度」を整える
(2)それぞれのライフスタイルに合わせた働き方を尊重する「文化」を育む
(3)時間と場所にとらわれない働き方を「テクノロジー」で促進する

この改善へ向けた取り組みとして主に上記3つを指摘する山本さん。

・・・テレワークのメリット(時間・場所にとらわれない働き方)と重なりますね(^^)/

Googleさんが取り組んでいるのなら、テレワークで働くことが当たり前の社会は

目前に迫って来ているのかもしれません。

そのほか、「働きやすくなる職場づくり」に向けた様々なアイデアの一例がサイトで紹介されています。

詳しくは マイナビニュース:【連載】子育て社員と向き合う企業 (17 )Google「ママが復職する日」の背景にある女性活躍への思い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL