「地方創生」仙台市が青葉区中山 とびのこ公園に保育所を設置 全国初の取組み

「地方創生」仙台市が青葉区中山 とびのこ公園に保育所を設置する方針を固めました。

公園に併設することで、子育て世代の定住化を図るのが狙いです。

市は15年、国家戦略特区第2弾の「地方創生特区」に指定されています。

NPO法人の設立手続きの短縮や地域限定保育士制度の導入が認められており、

保育所の設置が容易に行える仕組みとなっています。

 

仙台市では保育所の数が足りず、働きに出たくても子供の世話のために

外に出られない女性がまだまだおります。

テレワークも地方創生の一環として画期的な方法ですが、

公園に併設する保育所も市民の目に見える形で行われている

良い地方創生事業だと思います。

テレワークのサロンにも保育所的な取り組みを

取り入れても面白いかもしれません(^o^)丿

詳しくは 河北新報ONLINE:保育所を都市公園に設置 仙台市方針

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL