「注目・企業/雇用」”楽天” ITを活用した農業に出資、新サービスへ

「注目・企業/雇用」楽天が有機野菜の遠隔栽培サービスを行うテレファーム社へ出資したことを発表しました。

「インターネットで人々と社会に力を与えること(エンパワーメント)」の一環として、

農業分野でのイノベーション推進を目指すのが狙いです。

テレファーム社では野菜地域支援型農業として消費者と農家とを直接結びつけ、

消費者自身が監修した野菜を購入できる一方、農家には安定した販路や収入を提供する仕組みを実践しています。

楽天ではインターネットを駆使した農業開発を行い、地方創生を目指す方針です。

インターネットの技術と農業や漁業など一次産業の連携で新しい事業が生まれ、

地域の雇用や特産品の消費につながるんですね(*^^*)

詳しくは トラベルボイス:楽天、IT活用の農業・遠隔栽培サービス企業に出資、新サービス開発で地方創生へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL