「注目・企業/雇用」”65歳現役時代”到来!? 35歳転職限界説はもう古い

「注目・企業/雇用」65歳になっても働きたい求職者が増えているそうです。

その背景として、定年退職後から年金が出る65歳まで働かざるをえない状況だからです。

また、年齢と体力・気力の水準の変化もあると要因の一つとなっています。

65歳になってももっと世の中と関わりを持ち続けたい元気なシニア世代が増えてきているということでしょうか。

 

同じくして、40代以上のベテランを採用したいという企業も増加傾向にあるそうです。

採用時の基準は専門知識の他に、コミュニケーション力や仕事の進めかた(ダンドリ力)が重視されています。

40代で活躍できている人はこのようなスキルを持っている人が多いからです。

コミュニケーション力もダンドリ力も転職をしても持ち運べるポータブルなスキルだと、ニュースでは

伝えています。

 

…確かに、この2つはお金をかけずに習得できるスキルですね(^O^)

日頃の訓練で培うことができるものです。

テレワークに年齢制限はありません。また、短時間で高収入を得るには

自身のダンドリ力も必要になります。自然と鍛えられ、シニアでもバリバリ働ける

テレワーカーが排出されるかもしれませんね(´∀`)

詳しくは NIKKEI STYLE:「65歳現役時代」到来で、激変する35歳からの転職市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL