「ITまちづくり」秋田・ポケモンGOで観光誘客の調査事業を行う

「ITまちづくり」秋田県では8月からポケモンGOを活用した観光誘客の可能性調査事業をスタートします。

実際にまちなかを歩き回らなければプレーできないゲームの特性を生かした事業です。

秋田観光戦略課の「ゲーム×自治体 観光誘客可能性調査事業」の受託を受け、

IT関連会社の経営者やご当地ヒーロー製作者ら4者で作る「秋田イングレス活用研究会」が実施します。

8月3日から開催予定の「竿燈まつり」に合わせ、市内を訪れたゲームユーザーが対象のアンケート調査が始められます

 

アンケート参加者には「なまはげ」デザインの携帯クリーナーが配られるとか(^^)

秋田のみならず、他県でも同じ取組みを行えば、観光しながらアンケートに参加して

ご当地グッズを集める人が出てきそうですね!

日本人のみならず、外国人の観光誘客にも良い影響がでそうです(^O^)

ゲームの特性と観光が上手に融合された良い街づくりになることを期待します。

詳しくは 秋田経済新聞:秋田で「ポケモンGO」など使った調査事業 観光誘客の可能性探る

d68285d34798b8105a6f37145850d588_s