「石巻圏ニュース」ホヤ風評被害に負けず、加工品・料理開発で巻き返しをはかる!

「石巻圏ニュース」風評被害で韓国への禁輸が騒がれていたホヤですが、国内消費を少しでも増やそうと、地元の漁師や企業が懸命に尽力しています。ホヤを使った加工食品の開発や宿泊施設では料理に2品ホヤを活用したメニューを取り入れたり、愛好者団体がホヤの水揚げツアーを行うなど涙ぐましい努力が記事から見受けられました(:_;)

top

〈プリップリのホヤ!だれかっ!ビール持ってきて~〉

 

また、石巻市谷川浜の漁師、渥美貴幸さんは若手漁師らでつくる一般社団法人「フィッシャーマンジャパン」に加入。

同法人が経営に携わる東京市内の飲食店のほか、ネット通販や出張イベントでも販売している。「良い物をつくるのはもちろん、これからの漁師は売ることも考えなくてはならない」と語ります。

ホヤは鮮度が一番!水揚げしたてのホヤの美味しさは経験した人でなければ分かりませんし、ホヤ好きにとって廃棄処分されたホヤのことを考えると無念の気持ちになります(´・ω・`)

6月頃に廃棄処分のニュースがありましたが、ホヤを特産品として大切にしている地域の人々の愛で有効活用の道が少しでも開けた今回の記事に感動しました。

調理次第では独特の臭みもなくなり、ご家庭に愛される料理となるホヤ・・・

石巻の財産です(*^^*)

120113110820_0

〈そして、この方は気仙沼市の「ホヤぼーや」さん

さんまを振り回し、ご機嫌です。oh!シュール!〉

 

詳しくは Yomiuri online:ホヤ販路拡大 知恵絞る…県内産、今も風評被害