「地方創生」総務省:平成28年度総務省所管第2次補正予算(案)を作成

「地方創生」総務省が8月24日平成28年度総務省所管第2次補正予算(案)を発表しました。

合計で975.3億円(一般会計809.9億円・東日本大震災復興特別会計165.4億円)の追加予算ですが、

内容は子育て・介護の環境整備女性活躍推進などに165.6億、インフラなどの海外支援に99.1億円、EU離脱の影響リスクおよび中小企業支援に7.0億円熊本地震や東日本大震災の支援へ703.6億となっております。

子育てや介護、女性支援へは総務省の補正予算全体の約16.9%を占めています。

主には当サイトでも取り上げている子供へのICT教育(プログラミング)や女性活躍(マイナンバーカードへの旧姓表記)、チャレンジ・ふるさとワークなどとなっております。追加補正予算となると国民の税金の無駄遣いなどが懸念されますが、国民がもっと働きやすくする仕組みがこの予算(案)には含まれており「一億総活躍社会の実現の加速」が期待されます。

とりわけマイナンバー制度について重点的に記載されていましたが、サービスを充実させ、使いやすいカードにしていってほしいです。

詳しくは 総務省 :平成 28 年度総務省所管第 2 次補正予算(案)の概要

 

88b81a3e4d541c9ad02632e3830d9132_s