「注目・企業/雇用」自治体と連携、タニタ、「健康」で人を呼び込む

「注目・企業/雇用」体重計やタニタ食堂などで有名な「タニタ」が”まちづくり”に乗り出しています。

住民の健康支援の他に人を呼び込んでまちを活性化したり、ヘルスツーリズムを企画するなどして、自治体と共に地域の課題に応じたサービスを提供しています。タニタでは2008年頃から全社員に歩数計や活動量計を持たせ、日々の活動や体組成の変化を「見える化」することで年間約1割の医療費削減に繋げた実績があり、社内で行っていた「タニタ健康プログラム」をブラッシュアップし、自治体支援事業に活用したそうです。「この2~3年は『健康』をキーワードに地域を活性化したいという依頼が増えました。ただ、『健康』で何かをやりたいけれど、何をやっていいのか分からない自治体も多いのが現状です。」とタニタヘルスリンクの取締役 マーケティング担当 土志田 敬祐氏は語ります。自治体の課題解決に応え、タニタでは新潟県長岡市に「タニタカフェ」を展開しました。街を散策しながら、タニタ食堂のメニューを味わうというプロジェクトで、まちなかがまるごとタニタ食堂になっています。「タニタ食堂」のブランドを活かした強烈な集客ツールが構築されていますね(^^)また、健康は世代を越えた共通のテーマのためコミュニティづくりととても相性が良いそうです。タニタの体重計などを活用して、体重や健康状態が見える化されるところも継続性の見込めるまちづくりとして効果的なのかもしれません。「タニタカフェ」は長岡市のみでの展開ですが、検証をすすめながら他の地域にも拡大していく方針だそうです。

街の規模感も丁度よさそうなので、次はぜひ石巻でも行ってほしいです(^O^)94699aca108ee190100b778c3b509e27_s

詳しくは 月間事業構想(8月号):タニタ、「まちづくり」に挑む